蜜蝋画を描く・2【東京・赤坂】

−感性が生み出す不思議な表現。
−新しい自分の発見と驚きの世界がひろがる。

ミツバチの巣から採取された蜜蝋を紙に塗り、削ることで絵を描きます。
蜜蝋(ミツロウ)画とは何か、その歴史とこれからの可能性のお話しをしたあとに作画。
初めての方でも、思いのまま削ることで、味のある作品をつくることができます。

第一回目の簡単なおさらい説明をしたのち、もう少し踏み込んだ養蜂の現状の講義を行います。
その後、蜜蝋画作画。今回は墨のみではなく、着色技法を予定しています。
2〜3作品を当日持ち帰ることができます。
はじめての方でもご参加いただけます。

《開催日時》
2018年5月2日(水曜日)
14:30〜16:00

《開催場所》
フィールドファイン・赤坂教室(イスパニカ溜池山王教室)
東京都港区赤坂2-2-19 アドレスビル1F

《講師》
・細野康夫先生
(フィールドファイン事業部・代表)

《定員》
10名
※最小催行人数の3名に満たない場合中止となります。
※中止の際は4月25日(水)にご連絡いたします。

《参加費用》
¥3,500(当日支払い)
※額縁は含みません。

《お申し込み》
・フィールドファイン・ワークショップ担当 03-3641-6199

《持ち物》
・エプロンをご持参頂くか、または汚れても良い服装でお越し下さい。
・針などミツロウを引っ掻けるもの

*その他お問い合わせは
フィールドファイン・ワークショップ担当 TEL.03-3641-6199