Pet-urn -ペット用骨壷-

お家のリフォームや、新築工事等で意外と多いのが「地面を掘ったら骨壷がでてきた!」というトラブル。中身を検査せざるを得なくなることや、処分に困ることもあるそうです。せっかく土に埋葬しても、白磁の骨壷は、土に還らないので、そのままです。フィールドファイン・テラコッタ製ペットアーンは、このようなことになりません。

そばにいると思うだけで・・・

14年一緒に過ごした“マックス”は家族の一員でした!
昨年の秋に亡くなり火葬をして7ヶ月になりますがまだ、居間に白磁の骨壷を置いたままにしていました。ペットアーンを知り「自然に戻しておもいっきり走らせてあげたい」と思い、遺骨を移して庭の花壇に埋葬しました。

気持ちが落ち着きました

いつまでも永遠の家族として見守ってあげたい。とても人見知りな子なので、合同供養がどうしても抵抗がありました。現在住まいがマンションなので、実家にお願いして“ココア”が好きだったキンモクセイの近くに埋葬しました。
これでいつまでも家族一緒です。

お庭などに、サイズに合った深さ・巾の穴を掘ってペットアーンを埋葬してください。

●標準タイプ (深さ・巾)約30cm〜
●Sタイプ (深さ・巾)約20cm〜

高い温度で火葬された遺骨は石灰質になり自然に戻りにくいので、骨つぼの中に柑橘類の果物かクエン酸を一緒に入れますと、より自然に還りやすくなります。

別売りのセネタフ(メモリアルプレート)を埋葬した箇所にしるべとしてご利用下さい。レンガなどで囲ってあげてもよいでしょう。

マンションのベランダなどに、深さのある大きめのプランターや鉢をご用意いただき、埋葬することも可能です。ご一緒に草花を植えていただくと、お花がやさしく見守ってくれるでしょう。





つるみ園芸(横浜市鶴見区)様で実物を見る、買うことができます。
・通信販売はこちら
yahooショッピング base